Outputs

蓄積を目的にしたくないけどどこかには外在化させたいのです

脳を最適化すれば能力は2倍になる 

人間の行動は大別して「快」刺激を求めるか、「不快」刺激を避けるか
「快」刺激を得たときはドーパミンとエンドルフィンが分泌
学習力、想像力など脳の機能を大きく高めてくれるので成功確率が飛躍的にあがる
 「不快」刺激を受けると、ノルアドレナリン、アドレナリンが分泌される
こちらは集中力、瞬発力を高め「火事場の馬鹿力」を発揮する。ただし長期に分泌しすぎるとコルチゾールを高め免疫力を下げて心と体をズタズタにして病気の原因になる
脳内物質を適量分泌させるには、規則正しい健康な生活習慣が不可欠
メラトニンをだして熟睡し午前中からセロトニンを活性化する。昼はアドレナリン全開でバリバリ働き、夜はアドレナリンをオフにしてリラックス。仕事も頑張り休みもしっかり取って更に明日も100%頑張れる健康な生活習慣
 
分泌されると幸福感を感じる
報酬を与えるとモチベーションが高まる
ドーパミンの報酬サイクルを回転させる事で目標を達成できる
程よい難易度の小さな目標のステップアップで大きな目標を達成
目標を達成した自分を強くイメージする
楽しみながら実行
目標達成したら自分にご褒美
目標達成したら満足することなく新しい目標設定を
脳はチャレンジを好むので常にチャレンジをすべき
 
「闘争か逃走か」という状況で分泌される
恐怖や不安によって分泌されると注意力集中力覚醒度の上昇
ノルアドレナリンのによるモチベのアップは短期使用のみで効果を発揮する
締め切りを設定するだけで仕事効率はあがる
ドーパミン型モチベーションとノルアドレナリン型モチベーションをバランスよく
不快を避けるノルアドレナリン型モチベーションにBusinessチャンスあり
うっかりミスが増えてきたら脳が疲れている証拠なので休む
仕事は楽しくてもストレスになるのでしすぎには注意
 
アドレナリン
興奮や怒りと関連して分泌される
身体機能を瞬間的に高めてくれる
ピンチになっても諦めるな勝負物質アドレナリンがあなたを助けてくれるから
心臓がドキドキするのは成功の証拠
昼間はバリバリ働きアドレナリンを分泌され夜間はゆっくりと休みアドレナリンをオフにしよう
アドレナリンをオフにする7つの習慣
1興奮系娯楽は程々に
2風呂シャワーは温度に注意
3入眠前に激しい運動はしない
4遅くまで残業しない
5ゆるい時間を持つ
6家族や仲間と過ごす
7休息を意識する
 
癒やし物質セロトニンは覚醒、気分、心の安定と深く関係している
ソロと人を活性化する方法は「日光を浴びる」「リズム運動」「咀嚼」の3つ
カーテンを開けて寝ると寝起きがスッキリ
起床後2〜3時間の脳のゴールデンタイムを有効活用しよう
脳を活性化させるためには朝食は必須
煮つまったときの気分転換に役立つ「セロトニン気分転換仕事術」は1外食ランチ2あるきながら考える3深呼吸4音読5首まわし運動6気分転換の組み合わせ7セロトニン活性化を習慣化する
感動の涙には癒やしの効果 共感力を磨けばセロトニン神経が鍛えられる
普段からセロトニン神経を鍛えておけばうつ病の予防にも役立つ
 
睡眠物質メラトニンが分泌されると眠気を感じる
睡眠物質メラトニンは熟睡疲労回復のために不可欠な脳内物質
不眠は心や身体の病気の前兆かもしれない
メラトニンを出す方法の7つ
1部屋を真っ暗にして眠る
2入眠前に薄暗い部屋でリラックスする
3入眠前に蛍光灯の光を浴びない
4深夜のコンビニで立ち読みしない
5入眠前にゲームスマホ・パソコンをしない
6日中のセロトニンの活性化
7朝、太陽の光を浴びる
1日7〜8時間ぐっすり眠ることを目標にする
 
脳内物質アセチルコリンは認知機能と閃きに深く関わっている
やる気がでないならまず始めること「作業興奮」によってやる気が伝わってくる
26分間の昼寝で脳の効率は34%も改善する
「運動」は脳を活性化する最も簡単な方法
シータ波を出すと閃きがまれ安くなる。θ波を出すには「外に出る」「昼寝をする」「「座ったまま手足を動かす」「好奇心を刺激する」
イデアを足したければ「創造性の4B(Bar、Bathroom,Bus,Bed)を意識する
脳は時間ごとに適性がある。午前中は論理作業(論理的で決断力を要する仕事)に向き、
文章を書く。翻訳・語学の勉強などの言語活動。高度で複雑な計算。論理的で冷静さを必要とする重大な決断、また全体を見通すような仕事
 
午後や夜は創造的作業(創造力と創造力を求められる仕事)に向く
午後になり脳が疲れてくるのはチャンス。論理による至高の縛りがゆるくなり思いがけない発想ができる
夜遅い時間帯もθ波が出やすいので「ひらめき」や「斬新な発想」などが得られやすくクリエイティブな作業に向いている
 
凄い閃きを得るためにはそのもととなる情報を十分にインプットしておくこと。そして、閃きはすにメモしておくこと
喫煙を続けるとアセチルコリンが生成されづらくなる
アセチルコリンの減量であるレシチンを卵黄や大豆から補給しよう
 
エンドルフィン
脳内麻薬エンドルフィンが生成されると至福感恍惚感が出る
Α波がえるような癒やしの時、リラックスした時にエンドルフィンは分泌する
エンドルフィンが分泌されると集中力・想像力・記憶力が高まる
エンドルフィンがは究極の癒やし物質である。精神的ストレスを解消し、身体を修復し、免疫力を高める
エンドルフィンを出す簡単な方法としては「運動」「激辛料理を食べる」「油っぽいモノを食べる」「チョコレートを食べる」「熱い風呂に入る」「鍼治療」等がある
目標は細分化し、行動はtodoリスト化しよう。やるべきことを明確化することがフローの準備状態を作る
人に感謝する。人から感謝されるとエンドルフィンが分泌される
仕事を頼まれたときは「喜んで」やる癖をつける。いやいややればノルアドレナリンが出て喜んでやればエンドルフィンやドーパミンが出る
失敗に感謝しよう。そうすると失敗が経験として蓄積され、次のモチベーションが湧いてくる
 
 
 
朝のゴールデンタイムに仕事効率化
朝起きてからの23時間は脳のゴールデンタイムだからその時間帯に何をするかで1日でこなせる仕事量や質が変わってくる
普通のサラリーマンが脳のゴールデンタイムを有効活用したければ今よりも2時間早起きする必要性
セロトニンの分泌は日の出とともに盛んになり午後から夜にかけては低下する
ノンレム睡眠時には全く分泌されない
セロトニンは睡眠と覚醒をコントロールする脳内物質
カーテンを開けて寝ることでセロトニンのエンジンが温まった状態で起床することができる
目を開いた状態で5分間今日1日で何をするかイメージする
目が冷めてからの行動次第でセロトニンの分泌は変わってくる
その行動は①日光を浴びる②リズム運動③咀嚼
セロトニンは調整物質
セロトニンが低下した状態は「イライラする」「むしゃくしゃする」「なんとなく落ち着かない」「どうしようどうしようと不安になる」といった状態長時間座って仕事をしてると仕事の能率が下がってイライラしてくる状態はセトロニンが低下しているということ
セロトニンが活性化した状態はこころが安定している状態
外食ランチで午後のセロトニンをチャージ
あるきながら考える→脳が緊張から弛緩に変化するとアイデアが出やすくなる
深呼吸→①まず下腹に手を当てます②そして下腹に意識を集中させる③息をフッフッフーと吐き切る。履くのは口からでも鼻からでもどちらでも構いません最後に腹筋を緩めてスッと鼻から息を吸います。これをリズムよく繰り返します。5分間続けるのが理想
音読をする→音読は脳を活性化させる
簡単な運動→首まわし運動
気分転換を組み合わせる
セロトニン活性化を習慣にする
セロトニン新鋭を鍛えて共感力を磨け
泣く直前の交感神経優位の状態から実際に涙を流して副交感神経優位の状態にする
セロトニン必須アミノ酸トリプトファンから作られるので食事から摂取する必要
トリプトファンは肉から摂取するのが効果的で肉には体に必要なアミノ酸がバランス翼幅編まれていますので栄養を効率よく摂取するのには適した食材
肉そのものは食卓から排除してはいけない
朝に強い生活習慣をしている人が朝に強い
朝食を取ることで「咀嚼によるセロトニン活性化」「脳にとっての必須のエネルギー源であるブドウ糖の補給」「体温を高めることで脳と身体を覚醒」の効果が得られる