Outputs

Be Open

思考法

9時を過ぎたらタクシーで帰ろう。一流だけが知っている「逆説」の思考法

眠りにつく10秒、脳はあなたたちからの司令を待っている 眠りに入る前にかならず大事な仕事のことをメモに書き枕元にいて寝る アサイチ仕事術のススメ 日常にゴシップや必要外の情報を入れるのは愚かでアウトプットをしろ 迷子になろう 道を一本変えることで…

多動力 堀江貴文

【飽きっぽい人ほど成長する】 「飽きる」ということは何もネガティブなことではない。飽きるというのは慣れて余裕が出たということ。大事なことは飽きたらすぐ捨てること。 飽きやすいことは実は成長が早いということ。 80点取れる程度までハマれば大半の知…

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の学校論 堀江貴文

「何かしたい」けど「今はできない」→「我慢」で欲望を押さえつける人が多い ↓なぜか…? 学校教育による洗脳:「いざという時」に備えて我慢する考え方 つまり「投資」ではなくただの「貯金」 学校は国策「洗脳機関」 19世紀産業革命期のイギリス:望ましい…

遅読家のための読書術-情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣- 著:印南敦史

速読術というより、「正しい流し読み」を身につけることによって、無理して頑張って本を読んでいる感覚をなくす考え方 第1章 なぜ読むのが遅いのか-フロー・リーディングの考え方- じっくり読み込んでも忘れることは忘れてしまう→忘れていないものの中に…