Outputs

蓄積を目的にしたくないけどどこかには外在化させたいのです

ニーズ(だけ)を汲み取るマーケットインをすごく語る人事がいたからブランディング側の俺が思ったこと

※前提の二項対立※
マーケティング←マーケットイン的アプローチ
ブランディング←プロダクトアウト的アプローチ
 
企業説明会とか行くと、市場のニーズを汲み取って応えていくんだ!とか、何を欲しているのか市場調査してニーズを読み取っていくマーケットインの考え方が重要なんだ!だからプロダクトアウトはモノで溢れて選択肢が無数にある現代の購買行動に当てはめると通用しない考え方なんだ!ってよくあるマーケティングの一般論を語る人事が多くて、まぁその通りだと思う学生やマーケを勉強してた学生は頷く。そういうシチュエーションによく遭遇する。日本人大好きiPhone作ったAppleのスティーブジョブズマーケティングなんかクソ食らえって言ってたらしいし、いわばプロダクトアウト側の人間で、あのジョブズが憧れたSONYだってもともとはプロダクトアウト志向なのにこれを完全に否定する一般論を全面に押し出す企業にイノベーションなんか期待できるわけないよなってなる。
 
前で話してる人事がニーズがとかありきたりのことを話始めると「あーマーケティングの話ね。でも俺が大学でやってることってブランディングだよね。どっちかというと0→1で出来上がったモノに詰め込まれてる技術力、背景、こだわり、強みを意味付けることで伝えていく。伝えていくというか。意味づけられたイメージを持ってらうことで顧客になってもらう努力をブランディングとしてやってきたからマーケマーケうるさいなぁ、市場調査とかニーズとか古く聞こえるなぁ…もし、ニーズと区別する意味でのウォンツとかいう人事がいるならブランディングで生まれる顧客創造だから密接に関係してるなぁ。でもマーケティングブランディングもモノ売るときの方法論にそれぞれに名前つけてる認識だけど、改めて聞かれるとそれぞれの位置づけって正しく説明できる自信ないな…」っていつも思う
 
例えば、この前読んだ『大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる』には、マーケの中に戦略の切り口として4Pってのがあって、そのPのうちのPromotionにおいて製品のコンセプトを明確に後押しするための方法論をブランディングとして紹介してたな…つまりマーケの中のPromotion戦略の一つとしてブランディングというものがある入れ子構造だったな…という認識
→①マーケティングミックス4PのPromotion戦略の方法の一つとしてのブランディング
 
あれ、でもこの前読んだ記事にはマーケティングとは「自分から自分のイメージを伝えていくための努力」で、ブランディングは「相手に自分のイメージをもってもらうための努力」と明確に売り手と買い手のアプローチ方向を分けて記事を書いてる人もいたからこれを2つ目の位置づけ方としてまとめると
→②マーケティングブランディングは情報を配信する側が直接伝えるメッセージと受け取った側が自主的に感じるイメージの差があり、両者は根本的に違うという二元論
 
 
今わかるのだけでも①と②みたく定義がそれぞれ違ってて、あれ?マーケティングブランディングの違いとか位置づけって?
結局どっちが日本のIT産業は時代にフィットしてるの?
俺はプロダクトアウトを軽視すべきじゃないって学問学んできたからここ合わないんじゃね?
受けるにしても自分の学んでる領域くらい熱中して語れるくらいの意見くらいはもたなきゃ大学でなにやってたの?(笑)ってなるよな(実際そこそこの有名私大みたいにゼミでチーム組んでガリガリ調査して、めっちゃディスカッションしてみたいなことをやってないので実際なにもやってないといえばなにもやってない())
という疑問がわんさか。
 
それで行き過ぎたマーケティングの現状をブランディングの立場から批判的に見ながら両者を整理しとくかーってなったわけです。
 
結論からいうとマーケティングブランディングも目的はモノを売るための仕組みつくりであるといった点については定義の方向性に重なりがある。じゃあどうやって分けんの?って話をすると
 
分け方説①マーケティングのモノを売るための仕組みづくりという広い意味の中にさらに輪をかけて分類するなら、ブランディングはその仕組みの中の一つとして挙げられる「他との差別化」だという認識になる
 
でも顧客にたいしてどうアプローチするかで両者って方向性逆じゃない?ああ、これがマーケットインとプロダクトアウトにそれぞれ対応してんのかって二元論的に捉えることもできるから
 
分け方説②マーケティングの中のブランディングという構造があるにも関わらず両者は二元論的に語られることがよくある。
なぜならモノを売るための仕組みとして見たとき、マーケティングは「会社側から会社のイメージを伝えるための働きかけ」で、ブランディングは「会社の伝えたいことを顧客側からイメージしてもらうための働きかけ」であるので、アプローチの方法という切り口では分類ができるのである。そしてそれぞれのアプローチの方法の違いから生まれるモノづくりの発想の違いがマーケットインやプロダクトアウトであると考えている
 
というバックグラウンドがあるので「プロダクトアウトではいけない。マーケットインで市場のニーズを汲み取って…」なんて話をされるといやちょっとまてプロダクトアウト的な発想も必要で尊重しないとイノベーションも生まれないし、だから日本の企業は守ってばかりでダメなんだよ…
 
まとめると
マーケットイン  プロダクトアウト
ニーズ      ウォンツ
 
イノベーションって聞くと「今にない全く新しいモノを作る」と思われがちでキラキラしててベンチャーっぽいとか胡散臭いと一部の天才にしかできないみたいなネガティブなイメージを抱かれがち
それはiPhoneとか特にそうだけどイノベーションが、人間の生活を変えてしまったりときには思考の枠組みを変えちゃうレベルで社会に影響を与えたから
だけど自分が思うイノベーションの定義って「今にない全く新しいモノを作る」とかそんなのではなくて「未来にある普通のものを作ること」だと思っていて、つまるところ早送りの発想なんです。
 
例えば、「今後持続可能なエネルギーは全部電気になっていくからーってイーロンマスクが言って、作られたTeslaの電気自動車があるように、エネルギーの枯渇が危惧されてたのはもっと昔からの話で持続可能な社会にするためにそういう輸送手段が普及してる風景って割りと来るべき未来なんじゃないかなって思う。電気自動車では考えれない燃費の良さ、充電の不安を取り除くことでイノベーションをうんでいる。
 
【歴史的背景】
プロダクトアウトの時代
│・「よい製品を作れば売れる」
│・経済成長
↓・大量生産
マーケットインが重要視(〜1980年手前)
│・「よい製品が売れるとは限らない」
↓・過剰供給
マーケットインとプロダクトアウト(〜2000年手前)
│・Google
↓・Apple

「Oから1」の発想術 大前研一

国民国家の終焉→富の創出源泉が「個人」に

会社が個人にとって代わる時代になるので、0から1を創造する力が各々に必要

0→1に必要なフレーム

 

①SDF/戦略的自由度(Strategic Degrees of Freedom)-消費者ニーズを捉える

=戦略を立案すべき方向の数

=ユーザーの目的を満足させる方法をできるだけたくさん抽出しその中から競争相手が追随できない戦略的に有意になる方策かつ持続できる方策を講じる

 

〈失敗例〉・シャープの液晶テレビ(亀山モデル)が解像度(←ユーザーの求めていない細かな技術に注力した失敗)にこだわった結果、コモディティ化した。

〈成功例〉・フィリップスが「おいしいコーヒーを淹れる」という目標設定をした結果、コーヒーの味の一番に決め手が水質と粒ぞろいと熱湯を注ぐまでの時間であることを発見し、コーヒーメーカーが備えるべき機能を整理した。

 

◎ユーザーの目的を考える

◎目的を達成するいくつかの方法(軸)を設定する

◎軸に沿ってどんなことができるのかを検討する

 

アービトラージ(Arbitrage)-情報格差こそがビジネスチャンス

〈成功例〉・アパレルにおいて卸問屋や商社を通すのが当たり前だった当時、中国で製造するSPAが可能だと分かっていた(←情報格差ユニクロが成功した ex)IKEAニトリ

 

情報格差でサヤを抜く

固定観念にとらわれず、外からものを見る

 

③ニュー・コンビネーション(New Combination)-「組み合わせ」で新たな価値提案

◎既存の2つのものを足してみる

◎足したことで、価値と価値がいかに変化するか

 

④固定費に対する貢献(Contribution to the fixed cost)ー稼働率向上と付加価値の両立

◎「固定費」を遊ばせていては、利益は生まない。稼働時間を分析して混んでいない時には値段を下げてでも稼働率を上げる

稼働率を上げるには、ナローキャスティング、ポイントキャスティングの方法で顧客をシールドする。セグメント

 

⑤デジタル大陸(Digital Continent)時代の発想ー高速化した変化のスピードについていく方法

◎個々のデジタル機器がインターネットなどによってつながり、「デジタルアイランド」が、「デジタル大陸になりつつあるという現実を認識する。

◎その上で、「5年語の生活・ライフスタイル」を想像し、そこからサービスや商品に落とし込む

 

⑥早送りの発想(Fast-Forword)ー「兆し」をキャッチする重要性

◎すべての「新しい概念」は、すでに存在している(世界のどこかにある)と考える。

◎小さな「兆し(=ヒント)」を捉えて高速の早送りを行い、来るべき未来を想像する。

 

⑦空いているものを有効活用する発想(Idle Economy)ーUberAirbnbもこの発想から生まれた

◎既存の思考にとらわれず、360度の視野で「空いているもの」を探す。

◎「働いていない」「使われていない」「空いているもの」を有効活用する。そのためにはネットを使ってユーザーとサービスを結びつける

 

⑧中間地点の発想(Interpolation)ー「業界のスタンダード」を捨てる

◎AとBという2つの方法がある場合、その中間地点でポジショニングすることで、差別化を図る。

◎折衷案ではなく、大きな枠の中にスイートスポットを見つける。

 

⑨RTOCS/他人の立場に立つ発想(Real Time Online Case Study)

◎他人の立場になって徹底的に考えることで、思考回路が劇的に変わる

◎ROTOCSは4~5人でアイデアをだし合ってブレーンストーミングをしたほうが発想が広がる

◎行き詰まった場合には上のレベルで考える

 

⑩すべてが意味するところは何?(What does this all mean?)-発想の飛躍が息の長いビジネスを生む

◎A、B、C…と各論が出てきた時に、「What does this all mean?(それらすべてが意味することは何なのか?)」という質問をぶつける。

◎この質問によって、A、B、C…各々の事象のそれらすべてを意味している「X」を見つけ出す。

◎A、B、C…という事実を足し合わせて結論を得るのではなく、「X」へと発想を飛躍させ、そこから答えを考え出す。

 

構想(Kousou)

構想>コンセプト/ビジョン>戦略>事業計画

リアル経済、グローバル経済、サイバー経済、マルチプル経済の4つの経済空間を繋いだ事業のイメージ化を描く

◎構想はコンセプトやビジョンより一つ大きな概念

◎構想は「見えないもの」を個人の頭の中で整理すること

 

感情移入

どんぶりとセグメンテーション

時間軸をずらす

 

人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの 松尾豊

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の学校論 堀江貴文

「何かしたい」けど「今はできない」→「我慢」で欲望を押さえつける人が多い

↓なぜか…?

学校教育による洗脳:「いざという時」に備えて我慢する考え方

つまり「投資」ではなくただの「貯金」

 

学校は国策「洗脳機関」

19世紀産業革命期のイギリス:望ましい人的資源を備えた工場労働者へと育て上げるための学校 の誕生

今の子どもたちと学校:雇用者にとって管理が楽な「望ましい労働者」としての規格からはみ出ないよう、「常識」を叩き込む養成機関

 

G人材・L人材

国民国家(N):いい大学を出て、いい会社に入り、終身雇用が約束された中で結婚相手を見つけ、子供をつくり、マイホームの一つも手に入れる=「幸せ」

インターネットの登場→Nの解体=世界中の人々が「地球人」として新しい枠組みの中で生きるようになる

・L人材:ローカルに根付く

・G人材:グローバルを行動範囲をする

お金、学力、語学力などあらゆるものの「所有」からの自由

必要時、インターネットを介してアクセス、アクセスから得られる楽しさ、「感情のシェア」→スナチャがバズった事例

 

学びとは没頭

Nの解体→

現在の私たちの課題:いかに自分だけの幸福をみつけ、追求するか

脇目もふらず没頭し、がむしゃらに取り組める体験のすべて 能動的

自分が没頭する取り組みにおいてルールを決めるボスとなれるかがポイント

 

3つのタグで自分の価値を上げる

会社も洗脳機関

エントリーシート・履歴書 絶対内定2018

1.学生時代に力を入れたこと→「主体性」を見ている

フレームワーク

①行動事実ー主体性をもって取り組んだこと

②価値観やコアーそれに取り組んだ背景や思い

③PRポイントー取り組みの中で特に頑張ったこと

④結果ー実績、得たもの、学び、今後の抱負

 

2.志望動機→社会に与えたい影響(Giving)(=社会にどんな貢献をしたいか)を見ている

 

志望動機に繋がる5つの質問

・社会に与えたい影響は何か?

・それが実現できる業界や企業はどこか?

・その業界や企業は現在どのような状況か?

・具体的にやりたいことは?

・そのために学生時代にどんなことを身につけてきたか?

フレームワーク

①社会に与えたい影響ー誰のために?なにのために挑戦するの?

②価値観やコアーそれを思うのはどうして?どんな生い立ちや人生経験から?

③PR・強み-それが自分にできると思っている理由はなんで?どんな強みや経験が根拠?それを使ってどう企業に貢献していくの?

④その企業でやりたいこと-具体的に朝鮮したいことはなに?どんな事業でどんな職種でどんな仕事?

 

自己PRにおいて採用担当者が評価する6つの力→全て備えている必要はなく、業種によって求められるものが違う

1.自己変革力

自分の至らない所を自覚し変化させる力

 ・挫折や失敗を乗り越え、結果を残したことがある人

 ・新しい環境に適応するために、自分を変化させたことがある人

 ・目標を達成するために、自分を成長させたことがある人

→自己変革力があることが伝えられれば、採用担当者にも入社後、どんな壁にぶつかっても、変化・成長し続けられることを伝えられる。

 

2.人間関係力

人との接し方を工夫することにより、良好な関係を築く力

 ・組織の中で、対立意見を調整したことがある人

 ・立場の違う人たいとの間に立ち、利害関係を調整したことがある人

 ・国籍や文化の違う人と、人間関係を構築した経験がある人

→人と人とが関わり合いながら進めていく仕事において、立場を超えて人間関係力を構築したり、調整、発展させたりする力が見られている。

 

3.コミットメント力

目標や成果に対して徹底的に努力する力

 ・組織の中で、自分に与えられた目標を、徹底して追いかけた経験がある人

 ・自分の決めた目標に対して、結果が出るまで努力し続けた経験がある人

→目標を定めて行う仕事において、それに対して、どれだけ執着し、結果が出せるかは社会人として求められることなので、学生時代にこの能力を発揮している人は社会に出てからも同様に努力できる人材として評価される。

 

4.創造力

 ・自分で考えたアイデアを元に、組織やイベントを立ち上げた経験がある人

 ・新規事業を立ち上げた経験がある人

→商品を持たない業界で特に評価される能力で、アイデアや事業を新しく生み出すことでビジネスが成立する。学生時代に規模は小さくてもこのような経験を積んだ人材は評価される。

 

5.課題解決力

組織の課題に対して、解決策を提案し実行する力

 ・所属組織で、自分の担当業務の課題を解決した人

 ・所属組織の仕組みやルールを改善し、課題を解決した人

→学生時代にPDCAサイクルを繰り返し回した人材は思考力や実行力を鍛えられている可能性が高く評価される。

ex)自ら考え、自ら動く

「だったらこうしよう」「こうしませんか?」

 

6.チームワーク力

仲間と協力し、失敗や困難を乗り越える力

1人では成し遂げられないようなことを実現する力

 ・チームで失敗や困難を乗り越えた経験がある人

 ・個人では実現できないことを仲間と協力しながら成し遂げた経験がある人

→企業に入るつまりチームに入ること。お互いの能力をかけ合わせて1人では実現できないことを実現する組織において学生時代にチームワーク力を発揮した経験がある人は協力、協働する力が重視される。

 

技術1:書き出し一行目で採用者を引きつける

・頑張ったkとの全体像を伝える

・出した結果から伝える

・組織の中の役割から伝える

・前提から書いて難易度から伝える

 

技術2:数字を効果的に使う

技術3:切り口を工夫し頑張りを伝える

自己評価ではなく他社評価・客観評価と分かるなにかを

・他者からの言葉

・過去との比較

・希少性

・巻き込んだ影響範囲

・期間を区切って ex)上半期で一番

・場所で区切る ex)エリアナンバーワン

技術4:名詞の中身の確認

・リーダーシップ

・忍耐力

・継続力

・思いやり

・粘り強さ

広義に解釈できるものは書き出しで定義してから

内容が志望企業で求められているかの確認

 

技術5:アピール度も高い行動を優先的に

サポート経験ではなく当事者として主体的に頑張ってきた経験を優先的に

 

技術6:バランス

個人↔チーム、成功↔失敗(とそれをどう乗り越えたか)、勉強↔課外、インドア↔アウトドア、リーダー↔フォロワー

個人プレーに偏らない

 

志望動機を書く9つの手順とポイント

1.企業選びの軸を明確に

ex)人の心を動かす仕事がしたい・世界の格差をなくしたい・○○な社会を実現したい

2.軸が生まれた背景をコトバに

・どういう家庭環境?地域環境?教育環境?からそう思ったの?

3.軸をベースに志望企業を決める

A社は軸に合うB社は軸に合わない

4.業界・企業研究をする

他の学生がアクセスしない傾向になる情報をインプット・アウトプットすることで差別化

IR・商品やサービスを使う(B2Cは特に)・現地に足を運ぶ・転職サイトのチェック・OBOG訪問

〈OBOG訪問の質問例〉

・組織として10年後目指すこと

・企業と業界が抱える課題(短期・中期・長期)

・競合他社

☆若手にはミクロに、管理職にはマクロに

5.ビジネスモデル図を作る

中心に志望企業を置き、周囲に関連企業を書くことで、仕事内容や相手、扱う商品しゃサービスの動きを見てどこに携わりたいのかを考える

6.世界の動きを理解する

・グローバリゼーションの拡大

・日本の少子高齢化

・それに伴う経済の縮小

7.10年後をイメージする

「今」イケてるといった近眼的な視点を企業は嫌う

8.課題を語れるようになる

企業にとっての採用活動とはその課題をともに解決してくれる仲間探しなので、主体的に「その課題を解決する人」であることも伝える

9.提案を考える

社会や世界に対する感度と企業への本気度を見ているので、その業種や企業の10年後をイメージしたうえで最低限自分なりに意見をまとめておく

 

文章の読みやすさに気を配る(箇条書きOKの時)

1.タイトル

2.小見出し

〈背景〉〈課題〉〈解決策〉〈結果〉

3.箇条書き、番号

4.改行や段落分け

改行がダメなものはダブルコロンを使う

 

ネット系

・コミットメント力

・創造力

・チームワーク力

IT

・コミットメント力

・課題解決力

・チームワーク力

 

人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊 著:井上智洋

第1・2章 AI(人工知能)の技術の現段階までの進捗と社会への影響

AIによる技術的失業は新しい職業の誕生によって未来においても解消されるのか?

 現在、中間所得層が従事する事務労働の雇用破壊→頭脳労働と肉体労働へと労働移動することによって二極化

【背景】

ビッグデータをもとにした確率や統計的なアプローチから人間の直感的思考をパターン認識するAI研究の発達

・何層ものニュートラルネットワークを辿るディープラーニングの発達によってAIが自発的に賢くなる可能性→シンギュラリティへ近づく

 

汎用AI(脳型AI)の実現アプローチとしての全脳エミュレーションと全脳アーキテクチャ=マインドアップローディング

①エミュレーション:脳の神経系のネットワーク構造の全てのを3Dスキャンして、コンピュータ上で再現=自然知能との差は原理的にゼロ→1000億のニューロンと100兆のシナプスの(ヒトコネクトーム)図面の解読が膨大という問題、実現可能性の低さ

自然知能(≒エミュレーション)とアーキテクチャとの間にある〈生命の壁〉:感覚の通有性、身体知

アーキテクチャ:深皮質、基底核、海馬などの脳の各部位ごとの機能プログラムをモジュールとして再現し、後で結合→脳の機能を再現することに重きを置いているので実現の可能性が高い

☆エミュレーションを国際的に禁止し、アーキテクチャのみでAI開発を進めることで人間の仕事として残すべき分野を守る

 

では、21世紀前半に特化型AIが破壊しうる雇用はなんなのか?

AIが特化型である限り一時的局所的な問題に留まるが、汎用AIだと

第3章 AIが雇用を奪うか否かという議論

第4章では第四次産業革命を迎えた世界に第2の分岐点が訪れる予見とそのような純粋機械化経済における雇用のかたちについてを解説

第5章では汎用人工知能が普及した未来におけるベーシックインカムの必要性を解説

 

まとめ

狩猟・採集/農業

〈大分岐〉機械化経済(資本主義)

工業

18世紀後半 第一次産業革命(蒸気機関)

19世紀後半 第二次産業革命(内燃機関・電気モーター)

20世紀後半 第三次産業革命(パソコン・インターネット)→特化型AIの時代

サービス業・情報産業

《言語の壁》

〈第二の大分岐〉純粋機械化経済(資本主義2.0)

21世紀中期 第四次産業革命(汎用AI・全脳アーキテクチャ)

《生命の壁》

★シンギュラリティ★→全人類の知性を超える未来のある地点が2045年

byカーツワイル

GNR革命(Genetics,Nanotechnology,Robotics)

22世紀 全脳